• YUHAKU
  • ALBELTE
  • 手染め商品磨き直しサービス
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

革はデリケートなものですので「水」「湿気」「カビ」に弱いとされています。YUHAKUの革は染料使用のため、アルコールを弱点としています。保管については、直射日光や強い光によって変色してしまう革もありますので、直射日光を避けて、風通しの良い場所で保管することをおすすめします。また、靴・鞄は毎日同じものを使うことはなるべく避けて休息させることで、型崩れ・傷みを防ぐことができます。その際、型くずれ及び湿気防止の為に、鞄であれば、新聞もしくは不織布などを適切な形にして入れ、靴の場合は、シューキーパーを入れておくことをお勧めします。
その他詳細について、下記に説明しておりますので、参考までにご覧ください。

鞄・革小物のお手入れについて(牛革・コードヴァン編) ※コードヴァン・クロコダイルについては、専用クリームをご使用ください。

定期的にブラシで表面のホコリを落とすか、もしくは乾いた柔らかい布で、乾拭きをしてください。目立った汚れが付いている際にはクリーナーで優しく汚れを拭きとってください。※強く擦ってしまうと革の表面を痛めてしまったり、色落ちにもつながりますのでご注意ください。

① 定期的にブラシで表面のホコリを落とすか、もしくは乾いた柔らかい布で、乾拭きをしてください。目立った汚れが付いている際にはクリーナーで優しく汚れを拭きとってください。※強く擦ってしまうと革の表面を痛めてしまったり、色落ちにもつながりますのでご注意ください。

革の栄養分を補うためにクリームを布に少し付け、全体をまんべんなくやさしく磨いてください。水分・油分からもバッグ・革小物を守るだけでなく、汚れを付きにくくする効果もありますので、後のお手入れが楽になります。クリームを多く付けた場合、シミが出来てしまったり色落ちすることがありますので、ご注意ください。

② 革の栄養分を補うためにクリームを布に少し付け、全体をまんべんなくやさしく磨いてください。水分・油分からもバッグ・革小物を守るだけでなく、汚れを付きにくくする効果もありますので、後のお手入れが楽になります。クリームを多く付けた場合、シミが出来てしまったり色落ちすることがありますので、ご注意ください。

仕上げに、布等で磨き上げる事で艶が生まれます。布で磨く場合は、布を厚めに巻き指の腹を使い力を掛けず磨いてください。さらにブラッシングをするとより仕上がりがきれいになります。その際、すばやくブラシかけをするのがポイントです。

③ 仕上げに、布等で磨き上げる事で艶が生まれます。布で磨く場合は、布を厚めに巻き指の腹を使い力を掛けず磨いてください。さらにブラッシングをするとより仕上がりがきれいになります。その際、すばやくブラシかけをするのがポイントです。

靴のお手入れについて

靴全体、コバおよび縫い目等に入ったほこりを掃き出すようにブラッシングします。革用のクリーナーを柔らかな布に適量取り、靴に付着した汚れと過去に塗ったクリームを丁寧に落とします。クリーナーは成分の作用により、革そのものの色を落としてしまったり、シミやムラの原因を引き起こすこともありますので、必ず布に取ってからご使用ください。

① 靴全体、コバおよび縫い目等に入ったほこりを掃き出すようにブラッシングします。革用のクリーナーを柔らかな布に適量取り、靴に付着した汚れと過去に塗ったクリームを丁寧に落とします。クリーナーは成分の作用により、革そのものの色を落としてしまったり、シミやムラの原因を引き起こすこともありますので、必ず布に取ってからご使用ください。

革の栄養分を補うために靴用の乳化性クリームを布やブラシに取り、全体に薄く塗り伸ばします。クリームを多く付けた場合、色が濃くなったり色落ちすることがありますので使いすぎないようご注意下さい。ワックスを塗った後、クリーム伸ばし用ブラシにて皮革のシワやコバのすき間、縫い目に入ったクリームを取り除きながら靴全体になじませます。

② 革の栄養分を補うために靴用の乳化性クリームを布やブラシに取り、全体に薄く塗り伸ばします。クリームを多く付けた場合、色が濃くなったり色落ちすることがありますので使いすぎないようご注意下さい。ワックスを塗った後、クリーム伸ばし用ブラシにて皮革のシワやコバのすき間、縫い目に入ったクリームを取り除きながら靴全体になじませます。

2〜3分程待ち、肌理の細かい柔らかな布で靴全体を丁寧に磨きます。布で磨く場合は、布を厚めに巻き指の腹を使って磨いてください。お好みで、防水ワックスをご使用ください。水分・油分からもレザーシューズを守るだけでなく、汚れを付きにくくする効果もありますので後のお手入れが楽になります。最後に防水クリームを拭きとった後仕上げ用ブラシで靴全体を磨き上げますと美しい艶が生まれます。

③ 2〜3分程待ち、肌理の細かい柔らかな布で靴全体を丁寧に磨きます。布で磨く場合は、布を厚めに巻き指の腹を使って磨いてください。お好みで、防水ワックスをご使用ください。水分・油分からもレザーシューズを守るだけでなく、汚れを付きにくくする効果もありますので後のお手入れが楽になります。最後に防水クリームを拭きとった後仕上げ用ブラシで靴全体を磨き上げますと美しい艶が生まれます。

お手入れ頻度の目安

鞄、革小物は月に一度、靴は4〜5回使用に一度

※日常的にご使用されているものは、上記サイクルでなく、気付いた時にお手入れをされることをお勧めします。

※コードヴァンについては、専用クリームをご使用ください。コードヴァンは水に対して非常に弱い素材となりますため、NIKWAXもしくはコロンブス社Brilloにて耐水性を持たせることをお勧めいたします。

長期間保管について

上記のお手入れ後、風通しのよいところで保管してください。(※お手入れ直後の保管は避けてください。)
保管袋を使う場合は、保管袋は色移りのしないものをお選びいただき、お手元の製品との相性をお確かめください。
ビニール袋などの密閉は、カビ発生の原因になりますので避けてください。
また、箱保管も半密閉状態になるので、湿度の管理を必ず行ってください。
防虫剤革への接触にて変質を起こす為、直接触れないよう注意してください。

水に濡れた場合

(1)乾いたタオル等で水気をたたくようによく拭き取ってください。濡れ方がひどい場合はティッシュやタオルを詰め、中からも水分を取ってください。
※鞄の場合:新聞紙を適切な形にしタオル等の布や無地の紙で包み、時折新しいものに交換して下さい。
※靴の場合は、シューキーパーを入れておくことをお薦めします。

(2)乾燥すると変形することが多いため、型くずれしないように形を整えてから風通しの良い所で陰干しします。

(3)乾燥後の革は乾くと多少硬くなります。よって革用のクリーム(プロテクションクリーム推奨)を適切な方法で塗り、やさしく円を描くようにして馴染ませてください。

対処できない際や激しい色落ちの際は、YUHAKUリペアサービスセンターまで、ご相談くださいませ。

株式会社ユハク リペアサービス係
〒220-0023 神奈川県神奈川県横浜市西区平沼1-38-7
TEL:045-624-9328
E-mail:store@yuhaku.co.jp

修理についてはこちら

ご使用頂くクリームの色の手引き


■購入当時の色を持続させたい方

・同系色の薄めの色味をお使い下さい。コニャック等の薄茶がどの色味にも変化をもたらせにくい色です。

※目立たないかかとの内側部分で試した後、全体に使用ください。

■若干色褪せが見られた際

・同系色の濃い目のクリームにて全体を磨きあげてください。

※黒のクリームにて磨くことで、全体のトーンに締まりが生まれます。お好みによりお試しください。

■その他

・無色のクリームは屈曲する部分に白く浮かび上がる事がございます。